犬のぬいぐるみ ***完成

10:11

2006年11月10日

パッチワーク犬
 H15 x W20 x 10

パッチワーク犬 完成。 付け忘れたシッポも無事装着です。

パッチワーク犬 前・後ろ姿

後ろから見ると、背中の左右合わせ目がずれてしまっているのがバレますね。
あ、シッポも曲がってます…  

目と鼻は、プラスチック製の山高ボタン(径10mmで5円也)を使用しました。

以下覚書

犬のぬいぐるみ

10:21

現在、↓10/20 の記事に書きました、鳥の巣パッチは休止中です。
今年も、お教室の展示会が16日からありますので、それに間に合うよう、こちら、パッチワークぬいぐるみの仕上げに取り掛かっています。
 鳥の巣パッチは、とても間に合いそうもありませんので(^-^;
こちらは、今年の春、作りはじめたものですが、その後、手湿疹が酷くなり、そのままに・・・
なんとか、これを仕上げて、提出しようと思います。

パッチワークでぬいぐるみ
これは、体右側のピースワークが終わった状態。
 このままで、春先から放置していました・・・
型紙をひっくり返して、体左側も同様に作り、左右それぞれ綿と裏地を合わせて落としキルト。




使っている2種のチェック柄の布は、長男・次男が代々(?)着たパジャマの生地です。
代々着続けたわりには、けっこう綺麗な状態。
このまま処分するのも惜しいので、何か形に残そうと思い、作り始めたものです。


パッチワークでぬいぐるみ2
11月より再開。
落としキルトをした後、体の左右を中表にし、綿を詰める部分(お腹側・マチ部分の一部)を残して周りをグル~と縫い合わせます。

キルト済みを2枚重ねて縫わなきゃならないから結構大変。
それに、糸を強めに引いて縫わないと、ひっくり返した時に縫い目が出てしまいます。



なんとか形になってきました。
この後は、体にグを詰めて、耳を付けて、目を付けて・・・
と、ここまで縫っといて、尻尾を忘れてた事に気が付きました 
本当は挟んで縫うんだったんだけど・・・ まぁいいや。 後付けする事にしましょう~